祝還暦!満60歳のお祝いに「バラ60本3000円」なんて激安ギフトは問題外です!

知人友人、ビジネスでのお付き合いの還暦なら派手にお祝いして頂いて結構ですが、個人的には「満60歳=還暦」のお祝いは遠慮したいと考えているあろきです。

還暦とは
生まれた年を1歳として数える数え年で、61歳のこと。60通りの干支十干十二支が一巡し生まれた時に戻るとされ、赤ちゃんの産着を連想させる赤いものを身に着けお祝いすることなどといわれています。

aroki

人の還暦祝いはもろ手を挙げてお祝い出来るけど、いざ自分が還暦になったら、お祝いなんてしてもらいたくないのが本音ですね。個人的には60歳=還暦というと、もう完全な高齢者のイメージなんですよね(笑

ですが、今回は「還暦祝いに贈るなら」というテーマで進めて行きますので、私の戯言は無視してください(笑

個人的にはお花がおススメです。

還暦祝い「満60歳」に贈るならフラワーギフト

大切な人を想って選んだ贈り物は、多くの人々を笑顔にしてきました。
さまざまな贈り物がある中で、最も多く贈られるものといえばお花ではないでしょうか。
フラワーギフトと呼ばれる花の贈り物は、さまざまなシーンに似合う万能アイテムでもあるのです。
今回は、そんなシーンの中でもフラワーギフトが似合う「還暦祝い」にフォーカスしてみました。

還暦祝いをする相手には両親や祖父、親せきなどをはじめとした家族から、会社の上司やお世話になった恩師まで幅広く挙げられます。

そんな還暦祝いにふさわしいのは、フラワーギフトではなかろうかと思います。

aroki

お花だったら、あまり嫌いな人はいませんからね。個人的には胡蝶蘭がススメですね。

以下還暦祝いによく使われるお花を紹介します。

赤いバラ

還暦祝で身に着ける赤いものを連想させる真っ赤なバラです。
祝いの花としては定番ですが、人気です。
赤いバラは「愛情」を表す花言葉を持っているためぴったりですね。
還暦に合わせ60本のバラを贈る人もいるようです。

しかし「還暦=赤いバラ」といイメージを持つ人は多いですが、基本的には贈られる人の好きな色のお花を贈ることが一番良いと思います。

ただし激安店で販売しているような「60本3000円」なんていう安かろう悪かろうの花束は絶対おすすめ出来ません。

1本100円以下のバラなんて、百歩譲ってホームユース用ならなんとか見られるかも知れませんが、ギフト利用には到底向きません。
個人的には問題外です。

祝い花の定番胡蝶蘭

多くのお祝い事に贈られる祝い花の定番といえば胡蝶蘭ではないでしょうか。
その気品あふれる佇まいは、上品で高貴なイメージを感じさせます。
蘭系の花鉢は生花に比べて花持ちが良いことが特徴で、特に胡蝶蘭の花持ちは抜群に長いです。
また胡蝶蘭は縁起がいい花としても有名で、「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っているため、贈られる人への愛情を表すにはぴったりの花です。

赤や白一色の胡蝶蘭

胡蝶蘭は還暦祝いにぴったりの花として挙げられることが多い花です。

ただし一方で「赤い胡蝶蘭は火事や赤字などをイメージさせ、真っ白な胡蝶蘭は葬儀をイメージさせる」と極々一部の人からいわれる場合もあります。

しかしこの様な考えは、まるっきり的外れで全く気にすることはありません。
かえって赤系の胡蝶蘭はおめでたいイメージの方が強いです。

できれば避けたいNGフラワーギフトとは

贈り物の定番である花ですが、中には避けた方が無難なものもあります。

当然ですが、あまり仏壇に供える花としてのイメージが強い花、例えば和菊などはお祝いの場にはふさわしくないので、避けた方が無難です。

aroki

お祝いに和菊をプレゼントする人もいないと思いますが、念のため笑

還暦祝いのフラワーギフトの相場は?

還暦祝いのためのフラワーギフトの相場は贈りたい人との関係性によって多少変化します。

  • 両親や祖父母などの家族・・・5000~10000円
  • 友人や知人・・・3000~10000円以内
  • 上司や仕事上の関係者・・・5000~30000円程度
    ※ビジネスの場合はその関係性で大きく変わってくると思います。

aroki

まぁ、これはあくまで参考程度に見ておいてください。

あとがき

一般に赤いお花を贈ると良いとされていますが、基本的には貰う方の好みに合わせてお花をチョイスするのが良いと思います。
また個人的には蘭系、特に胡蝶蘭はお手入れも比較的簡単で長期間鑑賞できますので特におススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です